読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ウズベキスタンでみる男女の恋愛と結婚観。閑散期は遺跡で。。。

11月2日〜13日まで滞在したウズベキスタン
いやー、観光したわ−。

例によって協力隊の隊員さんに訪問して、案内しまくってもらって。
ただ、この国はツーリストビザだと知り合いの家に泊まれないという縛りがあるので、すべての夜は宿に宿泊。
そして宿ごとにレギストラッツェってものをもらって、最後に出国する時まで保持しなければならないという厳しいルール。
ただぶっちゃけて言うと、出国の時に提示どころか全く何も聞かれなかったでござる。日本人だから???結局いらんかったやんけ。
あ、でもこれから旅行する方は甘く見ちゃダメ。一人入国禁止になった日本人の話を聞いた。時々抜き打ち検査が入るらしいという噂。
まあウズベキスタンに知り合いのいる人なんて少ないだろうけど。

まあ、それを除けばとても良い国ウズベキスタン
今回はヌクス(カラカルパクスタン共和国)→ヒヴァ→ブハラ→サマルカンドタシケントと西側から攻めてみた。

どこも綺麗なイスラム教建築と、ティムール様の栄光を垣間見れるので本当に観光地としては写真映えするところ。
一番印象に残ったのはやっぱりサマルカンドにあるティムール様のお墓かなあ。あとはウルグベック天文台学術の歴史的に価値ある感じはした。天文学ってわくわくするよね。
ものすごい人が良くて、安全なので、旅初心者にも意外とオススメだと思う。シルクロードでは難易度低いほうかと。

ちょっと観光シーズンを外して行ったので、結構観光地は閑散としてた。
本来は春とか秋口かな?夏は50度とかいくとこもあるらしいので。もう今回は冬に入りかけだったね。意外と暖かい日が多くてよかったけど。
で、観光シーズンを外すと何が起こるかというと、、、


あらゆる遺跡内の暗がりで、カップルがイチャイチャしてる。笑
ヒヴァのある塔なんか、50メートル位登るうちに4組もカップルがいた。階段で狭いんだよ!邪魔だよお前ら!


表立ってイチャイチャできないイスラム教の国、だからといって歴史的な建造物の中でそんなことしてていいのか?
まあそんなにすごいことはしてないんだけど。
でも学生さんとかに聞いたら、キスするだけでも結構大変なことらしくて。この国。

男は20歳くらい、女は18歳くらいで、もう親が結婚相手を探してくる。んで、まああれよあれよと結婚しちゃうらしくて。
25歳とかで結婚してないと、なんか問題があるのかと思われるらしい。
あとは結婚式の後の初夜に、女性は処女じゃないと結婚が破棄されてしまうという。翌朝にチェックするおばちゃんもいるんだとか。
(男の方は結婚前でも売春宿とかに行くみたいなんだけどね。ナイショだぜ。)
ほんとに女性は婚前交渉なんてとんでもないって言う。多分田舎ほどその縛りが強い。
まあ、イスラム教国だと珍しいことでもないんだよね。バングラとかもそういえば結構そんな感じだったみたいだし。
でも複数の若者に直接話しを聞けたのはこの国が初めてだったので、なんかとても新鮮に感じた。

手を繋ぐだとか、キスするくらいでもかなりハードルが高いというこの国。
女性はものすごく綺麗なんだけども、手を出すのはハードルが高いので、ちょっと残念。(そもそもロシア語かウズベク語ってのもハードル高いけど。)
でもちょっと考えたのは、イスラム教の女性とだと、現代でもプラトニックな恋愛が楽しめるかもしれないなーということ。

結婚まで性行為をしないってのも、日本でも昭和くらいまではそうだったんだよね?
(あれ、そういえば平安時代とかってもっと開放的だった気がするが?)
まあ宗教の縛りがあるからわからないけど、20年後とかはもしかしたら変わってたりするのかなあ。
結婚とか性交渉について歴史を調べてみるのも面白いかも。


そんなこんなでウズベキスタンはいろいろ考えさせられる国だった。
なんだかんだで旅も終わりが近い。