はまー in Asia

実現したいのは「手ぶらで海外旅行できる」世界

日本に帰ってしばらくやっていた仕事。組織運営に関わり、底にいる人達のモチベーションを上げる、という非常にやりがいのある仕事だったのだけど、未経験者にはとてもむずかしい仕事だった。で、だいたい3ヶ月位経った頃、

社長が、僕を呼び出して

「新しい会社作ってよ」

と言った。理由を聞けば、

「現状の仕事はきっとはまー君じゃなくてもできる。はまー君のやりたいことと、やっていることは乖離しているんじゃないか?と考えた時、そこに箱を用意して新しいことをやってみるのはきっととても良いことだと思う。結果として新しい風を会社にもたらして、従業員のモチベーションも高まるはずだ。」
ということらしい。で、何をやるかを、一ヶ月弱超真剣に考えた。

    • -

やりたいことはたくさんあるけど、その中で注力するものを選び、社会に貢献するビジネスを作る。というのはとても大変な作業で、思考回路をフル回転させながらいろんな人に会って話し、気持ちを固めた。

結果、僕がほんとうにやりたいと思っていることはタイトルの通り。

「手ぶらで海外旅行できる」世界をつくること。
重要な要素は2つでシンプル。
1.パスポートを持たないこと
2.財布を持たないこと(現金、カードの類を持たないこと)

他に旅で必要になるものは、基本的に現地調達できる。そして上記のアイテムは、失くすと非常に面倒だ。この2つを解決できれば、基本的には手ぶらでの海外旅行が実現する。

では1、2を共通で実現するために必要なものは何か。

1.生体認証技術(顔認証、指紋認証、静脈認証、虹彩認証など)
2.1を記録し、管理する仕組み

1については、最近ではApple社のFaceIDやTouchIDや、NECや日立の生体認証技術が使えるだろう。

また、2については、非常にセキュアなシステムが必要だが、今、これがブロックチェーンシステムか、それに続くようなシステムで実現できないかを考えている。

上記のように、ある程度の条件が揃えば、技術的にはもう既に実現していてもおかしくない世界だ。

なんだかやれそう。じゃあ、既に誰かやってないのか?
最近ではLiquidという日本のスタートアップが、同じことを目指している。外国人が日本を訪れた際、手ぶらで決済が可能なように、2020年までにシステムの普及を目指しているそうだ。

他にも認証の技術を持っている企業はたくさんある。でも、その利便性が想像に難くない割には普及が進んでいないと感じている。
ここを、加速させるのが自分の役割でもいいのではないか?と考えている次第だ。まだまだ仕組みが普及していないところがたくさんあるんだから、やる価値はある。

情熱をもってやれそうな仕事はコレだと思った。
海外旅行が好きになったのは、パプアに行ってからで、そのあと更にバックパッカー旅をしてたくさんの貴重な経験を得た。この経験はもっと沢山の人にして欲しいと思っている。

ただ、旅の際に貴重品を気にするストレスは少なからずあった。実際にインド初日に財布を盗まれたときは、かなり困った。結果として、スマホが残っていたおかげで知り合いに連絡し、お金を借りて旅を続けることはできたので、まあリカバリはきくものなのだけど、やっぱり色々と面倒だよね。治安の悪いところほどストレスフルだし。

以上のような経験に基づく問題意識と、先端技術を追っていたいという好奇心を同時に満たせる、情熱を持ってやれる仕事はこれだ。と自分の中で納得がいった。

どこから手を付けるか
今、正直自分には何もない状況だ。自分に技術はないし、技術を研究する原資もない。アイデアと情熱しか無い。だが言い換えれば、アイデアと情熱だけはある。あと期待できるのは、今の会社の支援。

イデアに価値はない。とよく言うけれど、まずここで発信することで人の考え方を変えていきたいと思う。少しでも動く。自分が動ける仕組みをつくる。

まずやることは、小さく始めて続けていくこと。まずは、他の人の技術を担がせてもらって、色んな所に導入することから。今の会社に実験台になってもらう、というのは手始めに考えているところだ。

このStoryは、宣言として(頭の整理も兼ねて)書いた。今日から、新しい日々が始まる。

※生体認証技術を研究している、普及させたい、という方がいらっしゃったら是非お声がけ下さい。全力を持って普及に尽力いたします。

流れに乗る、ということ

オファーをいただいた。

日本に帰る、という話だ。
ミャンマーにしばらく居る予定だったが、少し変更して日本で修行を積もうと思っている。

実際、迷う話ではなかった。話を聞いて二つ返事でOKした。
自分にとって、ミャンマーはそのくらいなのだ。逆に言えば、日本もそのくらいの位置づけだ。
ミャンマーは継続して頻繁に来ようと思っているが、フォーカスするレイヤーが変わる。

どこに身を置くか、というのは物理的な観点も重要だが、働く立場、というところはより重要だ。
自分がやりたいことをやれるように、今やれることを拡大しようと思う。

信頼して仕事を任せてくれる人に、応えてみようと思う。

ブロックチェーンは、より生産的な社会を実現する

ブロックチェーンは社会のあらゆる仕組みを変える。ビジネスモデルが崩壊する。

ブロックチェーン(以下BC)が最近取り沙汰されているのはとりわけビットコイン界隈だが、BCという仕組みは色んな分野に応用が効く技術だ。
金融、公共インフラ、アート、ジャーナリズムに至るまで、今までのビジネスモデルを崩壊させうる可能性を秘めている。
ブロックチェーンはビジネスをいかに変革しうるか - ZDNet Japan

既存の社会の仕組みでは、政府や企業が仲介者として信頼性を担保している。

現在、多くの企業がサービスとその消費者の間でやり取りされるトランザクションの仲介者となって収益を得ている。
これは、信頼性というものを、企業が担保していることへの対価とも言える。
例えばUberはドライバーと乗客の身元や評判、そして彼らの間の社会的な契約、支払いを管理しているわけだ。
また、流通だったり、広告などの情報だったり、サービスや製品と消費者を繋ぐことによって収益をあげるビジネスが多く存在することは周知の事実だろう。
ただ、そこには例え競争があると言えども、非常に少ないプラットフォームプレーヤーが管理をしているという状況である。

BCが幅広く利用される社会が、行き着く先はどんな世界なのか?

ブロックチェーンの衝撃は、社会の仲介コストをまっさらにしてしまうこと。

企業や政府などの仲介者の管理システムには、多くの人間による作業が必要とされてきた。そこには仕事が発生する。
しかしながら、将来的にこういったことすべては、個人がトランザクションに必要となる適切な情報を共有するだけで、BC(またはBC上で稼働するサービス)によって扱われる可能性がある。そしてトランザクションの効率化によって削減されたコストは、当事者双方に還元できる。

BCがもたらすのは、生産活動に集中して力を注げる社会

これは、経済活動における付加価値の見直しとも言える。仲介をすることによって発生していた付加価値は、個々人に対して還元される。
その結果、人間は、もっと生産的なことだけに時間を使えるようになるだろう。

集中したかったら、日報を書け。

最近全然集中できていないので、その方法を模索しています。
そして、集中せずにNewspicsを読んでいたら今の自分にピッタリの記事を見つけたので、確認を兼ねてメモ。

集中するためのポイントを一つだけ挙げよ、と言われたら私は、「結果へのフィードバックが継続して得られること」だと考えています。

この記事より。石川善樹さんはあらゆる記事が面白い。
newspicks.com

でも、こういう(毎日を徹底的に振り返るという)誰もやらないことを、誰もできないくらいやった人だけが、昨日よりも今日、今日よりも明日、ちょっとずつ進歩していくのかなと。

日報の重要性を感じる。仕事が進捗するのは記録があるときだけだなあ。実際。

以前読んだ本、もう一回ちゃんと振り返ろう。

漫画トリガーの素晴らしさを既に10,000円近く課金した俺が解説する

こんなアプリは前代未聞で、多分今スマホでFBの次くらいに利用している

まずは、四の五の言わずにダウンロードして欲しい。

僕がここで説明するよりもよっぽど良い時間の使い方だろう。
最初はかなりの料量の漫画が無料で読めるはずだ。
そのUXの良さにも驚くが、そのセレクトされている漫画のレベルの高さにも驚いた。

今まで結構な量の漫画を読んできたと自負しているが、このアプリには僕が知らない、非常に面白い漫画がたくさん詰まっていた。
どのくらい面白いかというと、次の話が読みたくて100円、最後まで読みたくて2000円位ポンポン課金するくらいだ。

「待てばタダ」という素晴らしい機能

この機能、非常に良くできていると思う。次の日まで待てる漫画を複数持っておけば、一日ごとに話が読めるので、日刊の漫画雑誌を読んでいる感覚になる。
この手軽さのお陰で、新しいジャンルの漫画にも色々と食指を伸ばすことができた。

課金のハードルの低さと、心理をうまく突くその仕組み

ここは上手いことやられたなあ、という気持ちなのだが、課金のUXが素晴らしい。
このあと一気に読みたい、と思ったときにそのまま面倒な手続きなく課金ができるのはもちろんだが、何と言っても、一番素晴らしいポイントは、1話課金するのも、最終話まで課金するのも、一話あたりの値段が変わらないところだ。
ここには、多少あれ?と思う人もいるだろう。フリーミアムモデルを利用するソーシャルゲームの類いは、課金の単位が増えれば増えるほど、お得なプランが用意されている。100円課金で100ポイントのゲーム内通貨が手に入るが、10000円課金だと20000ポイントが手に入る、という具合。

プライドを感じさせるアプリの設計

しかしながら、漫画トリガーはどこまで行っても一話あたりの課金が同レート。こうなると、少額の課金のハードルが低くなるのである。軽い気持ちで少額課金をして何話か読み進めると、更にその漫画にハマって、結局最終話まで課金してしまう、という現象を実際に僕が体験している。
ただこの課金制度は、どこまでもフェアなのだなと感じる次第である。少額課金をして、その後の話が面白くならなければ最後まで課金をさせない、というような、プライドを感じさせる仕組みであるからだ。
ここにも、セレクトショップをうたう漫画トリガーのコンセプトが感じられるので、一気にこのアプリが好きになった。

アップデートにワクワクするアプリは久しぶりだ。

今後も、どんな漫画がアップされるのか非常に楽しみだ。
UI, UXを考える上でも、このアプリは非常に参考になると思う。
是非、一度試していただきたい。

漫画は新興国の発展に多大な影響を与えている

漫画が好きだ。

どれだけ好きかというと、暇な時間はすべてを漫画に費やしたい、というくらい。
漫画を読んでいて遅刻したり、漫画を読んでいて夜寝られなくなる。

これは多分僕は屑なのだろうと思っていたのだが、最近はこれも一つの才能なのだろうなと考えるようになってきた。
漫画を読まない人もいる。
例えばこれは多分に習慣の類いなのだろうが、昔から僕は漫画を読んでいると周りの声が聞こえなくなるくらい集中できるのだ。
コレだけ好きなものを、仕事にしないのはもったいないと、齢31歳、やっと気づいたわけなのでである。異国の地、ミャンマーにおいて。

ミャンマーで漫画に関することが何かできるか。

ただ、ミャンマーに居る以上、ミャンマーでこれが何かの役に立たないか、ということを考えるのが最近の常日頃の思考回路だ。
ミャンマーではどのくらい漫画が読まれているか?
正直、正確なデータはない。が、そんなものがなくとも、漫画は素晴らしいので浸透するはずだ、というのが僕の持論である。
儲かるからとか、社会的意義があるからやるわけじゃない。僕が好きだから広めたいのだ。まずはココが一番大事だと、YCのスタートアップ講座でも言っている。
medium.com

ミャンマーで、日本の素晴らしい漫画を広げたい。それだけで、僕がここにいる価値はあるのだと、思う。

ココ最近の、僕の漫画熱の高まり。

今僕が情動を突き動かされているのには、原因がある。
漫画トリガーだ。

もう既に、5000円以上課金している。それくらいの価値がこのアプリにはある。
世の中には、必ず面白い漫画に投資する人がいるはずだ。それは日々の糧になり、人生に深みと広がりを与えてくれる。

と、いうことで、ミャンマーで漫画の普及に力を注いでいこうと思う。
日本のストーリープロダクトは世界一ィィィィィィ!

データと処理能力がモノをいうAI主義社会は更なる独占の時代になる

富める者がますます富むのが資本主義の世界であるならば、これからは、AI主義の世界がやって来る。

2017年も3ヵ月が過ぎたが、ここに来て、AIを取り扱う企業の買収、技術者の獲得に、AGFAApple, Google, Facebook, Amazon)などのモンスター企業が更に躍起になっているように見受けられる。これらの各企業は、AI技術の開発を非常に急いでいるようだ。

 

何故か? 

それは、AIという産業分野が、雪だるま式に発展するからである。

 

Deep Learningという技術が広まり、今のAIは、大量のデータを処理することによって飛躍的にその精度を高められるようになった。今、高度なAIの開発には、データの量、その多大なデータの処理をこなす計算資源がより重要視されている。

高度なAIの開発には、多量のデータと計算資源が必要。

こうなると、何が起こるか。データをたくさん持っている企業といえば、もちろん先に挙げたインターネットの覇者とも言えるAGFAApple, Google, Facebook, Amazon)である。

これらの企業は資金も潤沢であるため、持っているデータをふんだんに処理サーバーに使ってAIを開発することができる。

そして高度に発展したAIを利用したい個人、企業は、そのAIを使うためにデータを提供する。すると更にそのAIは学習ができるため、精度を上げることができる。

あとはエンドレスだ。富めるものが益々富むという資本主義社会と似たように、AI資源に富める企業が更に富むというAI主義社会が出現するわけである。

 

AIのためのデータ集め競争

AI分野で、いかに早くベースとなる牙城を構築できるかが、その後の発展にも関わる。そのためにAI開発に関わる企業はユーザーからデータを集めることに躍起になっているようだ。

GooglePhotoがストレージを無料で提供するのも、IBMがワトソンを企業に使わせるべくプロモーションしまくっているのも、全てはデータを集めるため。ここで頭一つ抜けるためのスタートダッシュは、今後のAI産業分野で生き残り、成長するために必須の行動なのである。

ここから数年のスタートダッシュで生き残った企業こそが、次代のAI主義社会に独占的に世界を支配する企業となるのだろう。

.hatena-module-related-entries { display: none; }