漫画トリガーの素晴らしさを既に10,000円近く課金した俺が解説する

こんなアプリは前代未聞で、多分今スマホでFBの次くらいに利用している

まずは、四の五の言わずにダウンロードして欲しい。

僕がここで説明するよりもよっぽど良い時間の使い方だろう。
最初はかなりの料量の漫画が無料で読めるはずだ。
そのUXの良さにも驚くが、そのセレクトされている漫画のレベルの高さにも驚いた。

今まで結構な量の漫画を読んできたと自負しているが、このアプリには僕が知らない、非常に面白い漫画がたくさん詰まっていた。
どのくらい面白いかというと、次の話が読みたくて100円、最後まで読みたくて2000円位ポンポン課金するくらいだ。

「待てばタダ」という素晴らしい機能

この機能、非常に良くできていると思う。次の日まで待てる漫画を複数持っておけば、一日ごとに話が読めるので、日刊の漫画雑誌を読んでいる感覚になる。
この手軽さのお陰で、新しいジャンルの漫画にも色々と食指を伸ばすことができた。

課金のハードルの低さと、心理をうまく突くその仕組み

ここは上手いことやられたなあ、という気持ちなのだが、課金のUXが素晴らしい。
このあと一気に読みたい、と思ったときにそのまま面倒な手続きなく課金ができるのはもちろんだが、何と言っても、一番素晴らしいポイントは、1話課金するのも、最終話まで課金するのも、一話あたりの値段が変わらないところだ。
ここには、多少あれ?と思う人もいるだろう。フリーミアムモデルを利用するソーシャルゲームの類いは、課金の単位が増えれば増えるほど、お得なプランが用意されている。100円課金で100ポイントのゲーム内通貨が手に入るが、10000円課金だと20000ポイントが手に入る、という具合。

プライドを感じさせるアプリの設計

しかしながら、漫画トリガーはどこまで行っても一話あたりの課金が同レート。こうなると、少額の課金のハードルが低くなるのである。軽い気持ちで少額課金をして何話か読み進めると、更にその漫画にハマって、結局最終話まで課金してしまう、という現象を実際に僕が体験している。
ただこの課金制度は、どこまでもフェアなのだなと感じる次第である。少額課金をして、その後の話が面白くならなければ最後まで課金をさせない、というような、プライドを感じさせる仕組みであるからだ。
ここにも、セレクトショップをうたう漫画トリガーのコンセプトが感じられるので、一気にこのアプリが好きになった。

アップデートにワクワクするアプリは久しぶりだ。

今後も、どんな漫画がアップされるのか非常に楽しみだ。
UI, UXを考える上でも、このアプリは非常に参考になると思う。
是非、一度試していただきたい。

.hatena-module-related-entries { display: none; }