10億円もらったら、人に理解されないようなことに使う。

10億円を突然もらったら何に使うか?

みたいな話が某所で久しぶりに話題になっていたので、真剣に考えてみた。お金の価値というものを再考したいのもあって。

なんにせよ使い切る。残さない。

少しは生活のために残しておきたいなあ。などとは考えない。明日くたばるかもしれないし。

人間を繋ぐために使う

学校を作る

自分の思い通りになる学校を作りたい。社会の要請に応えるような学校じゃなくて、生徒がほんとうの意味で楽しめるような理想環境を作る。

5年限定ベーシックインカム制度やる

年間120万円×5年なら600万円、100人でも6億でいける。

時間を作るために使う

便利なところにジム付きのオフィスを構える

最近感じるのは、お金はどうにかなるが時間はどうにもならない、ということ。時間の創出のために、環境に投資するのは非常に有意義だと思う。

今までやったことがないことを体験してみる。

  • 宇宙旅行
  • 行ったことない国に行く
  • 勢の限りを尽くしたご飯を食べてみる
  • 超高級コールガールを呼ぶ。

↑欲のたぐいですね。

理由と思考の道筋

まず考えたのは、お金がないとできないことってなんだろう。ということ。
金融業? 不動産業? 宇宙開発? 大規模インフラ開発?
でもこのあたりは、資金を調達すればできることだよね?
誰かのお金を運用することも可能である。ということを考えると、お金がないとできないことって、突き詰めてみると存在しないんだよね。
納得できるビジネスモデルと熱意があれば、お金は調達できる。最近はクラファンとかもあるし。
違いは、それが「自分のお金」か、「他人のお金」かということ。

人に理解されないような使い方を。

ということは、自分の所持しているお金は

「人に理解されないような使い途」

に使うべきだ。ということ。

そんな基準で考えてみた。みなさんはどうでしょう?

.hatena-module-related-entries { display: none; }