読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

センスがいいってどういうこと?

考え方

久しぶりに日本に帰ると、途端に自分の身だしなみを気にするようになって、オシャレ熱が再燃中。

僕は自分のことを、決してファッションセンスのいい人間だとは思っていない。だいたい自分で選んだ服は良くないらしい。褒められたことがない。

で、20歳くらいからやっているのが、付き合ってる彼女だとか、母親だとか、姉妹だとかに意見を聞いてみること。これをやり始めてからは、友達とかにも褒められることが多くなった。身近な人は、俺がどうしたらもう少し見た目が良くなるか、ということを常日頃から考えてくれているからだと思う。

なんでもそうかもしれないけど、結構自分のことって自分ではわからないもので、ファッションって最たるものだと思う。客観的に自分を見られる能力が必要。
そういえばファッションセンスのいい人って話してて面白かったり、鋭いこと言う人がいたりするかも。

スポーツなんかでも、センスのいいやつってやっぱり視野の広いやつなわけで。
結局は、なんかを俯瞰できるっていうのが才能=センスなんだと思う。
まわりの状況と自分の立場を瞬時に判断したりだったり、過去と現在と未来について分析して先の手を打ったりってことができる。

じゃあやっぱり視野の狭い人間は生来のセンスを持ってるやつには勝てないのか?

そもそもこのエントリ書こうと思ったのは、最近読んだこの記事がなるほどと思ったから。
必要なのはセンスではなく「技術」ですーーはじめに|一生使える「服選び」の法則|大山旬|cakes(ケイクス)


必要なのは、センスではなく技術。
最近この手の記事が増えてきてる気がする。今まで才能で片付けられて思考停止状態になっていたものを、再現可能なところに落とし込むってことが、いろんな分野で行われている。

現に僕は、自分のセンスを見限って、人に聞くという方法で自分のファッションをちょっと褒められる位のところまでもっていくことができたわけで。

俯瞰して、分析して、問題を見つけて、解決策を探す。これがセンスに対抗する方法だと思う。凡人は技術を身につけることである程度は勝てるようになるはず!

個人的には、文章力と、会話力と、決断力について技術を身につけたいなと思う次第。
あとは女の子の扱い方かなー笑