読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

禍福は糾える縄の如し in India オタク文化は世界を繋ぐ

生き方 考え方 旅行

デリー滞在7日目の昨日は、弟が日本語スピーチコンテストに出るので応援に行った。
…弟が何故インドにいるのか?弟はインド人だからだ。

事の顛末は、初日のバス乗車におけるスリに始まる。
少しでも旅費を節約することと、ローカルバスに乗ってみたかったことがあって、空港からの道すがらバスに乗ったのだ。いま思えばあんな大荷物でそうしたことは狂気の沙汰と言える。しかもかなり都心に近かったため、バスはほぼ満員と、結果は火を見るよりも明らかという状況だった。
さて、スられたことにはすぐ気付いたが、後の祭り。すでにスリは下車していた。一度、「マイウォレット、
ストールン」と叫んだが、バカな日本人旅行者を眺める以外にはインド人もなすすべがなかったようで、反応はなし。
落ち着け。とりあえず素数を数えるんだ。1,2,3,5,7,11...いやいや何取られたか確認しろ。財布に入っていたのは現金とカード2枚。何故分散させていなかったのか。まあ考えても仕方がない。とりあえずケータイはある。空港でアクティベート手続きをしたばかりだ。使えるまでもう少しかかる。とりあえずホテルにたどり着こう。Wi-Fiが使えるのでインドの友達に連絡はできる。相談して考えよう。それにしても、ああ口惜しや口惜しや。もう日本帰らんといかんかなー。。。


などと考えながらホテルに辿り着き、なんとか連絡をすることに成功。その友達はデリーから少し離れたところにいるので、すぐには来られないので、デリー中心部に住む日本人を紹介してくれるとのこと。

夜にもかかわらず、お金を貸すだけのために宿の近くまでご足労いただいた彼女には、感謝しても仕切れない。しかも翌日は彼女の家にお邪魔させていただくことができるという。初対面の人間にそこまでしていいものか?なんかあっても知らんぞ?これが友達の友達パワーか…とりあえず当面の生活費として500ルピーをお借りする。
(日本円にして1000円くらいだが、そこらの屋台なんかであれば50ルピーあれば一食賄えるので、かなり余裕ができた)

と、翌日はその彼女に観光案内をしてもらう。そしてなんだか彼女の知り合いのインド人が泊めてくれるということだ。自分としても、一人暮らしの女性の家に泊まるというのは非常に嬉しいことの反面色々と不安な面もあったため、その方がいいねと返答。そして夕方、ダンキンドーナツにてそのインド人と合流。

「ナイストゥミートュー」
「こんにちは、初めまして。よろしくお願いします。」

お分りいただけただろうか。カタカナを発したのが私であり、流暢な日本語を発したのがイケメンインド人である。
その後アニメや漫画の話ばかりになり、『めだかボックス』の話をしたところで盛り上がりは最高潮に達し、インドに弟が出来たというわけだ。

さて、彼の家にはもう一人、双子の弟がいた。彼はさらに輪をかけたオタクであり、『ソードアートオンライン』の小説の話をしたところで心が通じ合ったことは言うまでもない。ここに2人目の弟が現れたわけだ。

そして、彼らのお母さん、すでに僕の第二の母でもあるわけだが、はあっという間に私のことを息子にしてしまった。ベジタリアンの家庭料理は、毎日腹一杯を通り越して食うくらいうまかった。ダンニャバ、おかーさん。

以上がデリーにおける僕の物語だ。2、3日のつもりが結局初日以外をこの第二の実家で過ごした。観光なんて全然していないのだが、弟たちにくっついて過ごしたデリーは、普通の旅行ではできない体験だっただろう。

本当に得難いものを得た。必ずインドにはまた戻ってくる。今度は南インドを弟たちと旅したいと思う。


最後に、スリのおっちゃんだかにーちゃんだかわからんけど、俺の財布を盗ってくれてありがとう。