読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

途上国(少なくともパプア)はこんなところだ

自分の感想としては、ぶっちゃけそんなに変わらないと思った。栄えているところはやっぱり栄えてるし、田舎の人は、のんびりしてる感じ。とりわけおばちゃんは優しい。

あえて違うところがあるとすれば、向上心を持った人が少ないってこと。悪口を言ってるわけではなくて、途上国の人たちは将来のビジョンがかなり描きにくいってことだ。

日本にいると、よく進路に迷うとかっていうけど、それはどんな将来であろうと想像できるからだ。川藤先生ならアメリカ大統領になりたいって言っても真剣に聞いてくれるくらい。
(※実は大統領に立候補できるのは生まれた時点においてアメリカ合衆国籍でなければならないんだけども)

何が言いたいかっていうと、そのくらい日本人は将来に対して自由。原因は経済的だったりなんだったりするんだけど、ひっくるめて言えば社会システムが成熟してるってこと。勉強して高校、大学に行けばある程度の収入と自由に動くことが保証される。その自由度はものすごく高いんだと思う。そのうち数値化とかしてみたいな。だれかしてないかな。

現状を打破するようなインパクトのある情報は、インターネットに転がっている。それを多少見たからってどうということはないのかもしれないけど、量が増えれば若者の世界は広がるだろう。

とりあえず、僕の気持ちとしては、世界の情報格差をなくしたい。なんでか?アンフェアだと思うからだ。条件を一緒にしないと僕も気分が悪い。先進国の人間に対して僻み根性を持っている人をたくさん見た結果、そういう思考にたどり着いたんである。